製品紹介目次へ

会社案内

最新情報のページNEW

トップページ

image001

自動キー溝盤

TK−150Aシリーズ

image001

TK−150A−S(標準機)

操作は簡単! カッターは経済的!

特長

2枚刃を使用、荒削り、仕上げと同時に切削、又、1枚刃としても使用できます。

■テーブルの送りは3/100単位で0.18o迄6段、自動送り、自動送り自動停止。

■加エ物に刃が当たらない様にテーブルが戻ります。

■アーバーはテーブル上部・下部と2ケ所ガイドの為逃げが少ない。

■テーブルは切り込み深さ方向と、左右方向に動かせますので、巾を広げることができます。

■本機は、小型で場所を取らず、操作、ワーククランプも簡単です。

■テーブル原点に戻さないと始動スイッチが入らない。

■切削停止は下死点。

■刃の再研磨が可能です。

■本機にオプション(割出し回転テーブル、傾斜台、内径基準治具など)を取り付け、広範囲に加工できます。

image005

1.アーバーガイド

2.アーバーガイドクランプ

3.アームクランプ

4.アーム前後移動ハンドル

5.アーバー、カッター

6.ワーククランプ

7.ワーク芯出し用イケール

8.横送りハンドル

9.切り込み深さ調整ボルト

10.テーブル前後送りハンドル

11.自動送り入・切レバー

12.1ストローク送り量調整板

13.寸動・連動切替スイッチ

14.始動スイッチ

15.停止スイッチ

16.クーラントポンプON/OFF

17.リミットランプ

18.タイマー(0カット)

19.給油ポンプ

20.近接スイッチ(始動スタート)

操作手順

1.      Dのアーバーを取り付ける。

2.      加工物を乗せる。

3.      Aをゆるめ、@を加工物の高さに合わせる。

4.      Fイケールを加工物に当てる。

5.      Eで加工物を締める。

6.      Cのハンドルでガイドをアーバーに当てBをクランプする。

7.      Iのハンドルで加工物を前進させカッターに当てる。

8.      Hの目盛で深さを決め(1目盛0.03)Kの送り量を決める。

9.      Mの始動スイッチを押し、Oのクーラントスイッチを入れる。

10.    Jの自動送りハンドルを〈入〉にする。

 

TK−150A−DX

標準機より―段と自動化した省カ機能。

特長

■標準機に比べて操作が―段と簡単になりました。

■ハンドル操作不用!

アームクランプ、ワーククランプ、アーム前後ハンドル

※ワーククランプはオプション

キー溝盤
TK−150A−DX

1.アーバーガイド

2.アーム前後シリンダー

3.アームクランプシリンダー

4.横送りハンドル

5.リミットスイッチ(テーブル後端)

6.切り込み深さ調整ボルト

7.ブレーカ

8.電源ランプ

9.逆転スイッチ

10.始動スイッチ

11停止スイッチ

12.ワーククランプON/OFF

13.クーラントポンプON/OFF

14.タイマー(0カット)

15.アーバー、カッター

16.ワーククランプ

17.ワーク芯出し用イケール

18.テーブルクランプ

19.近接スイッチ(始動スタート)

20.テーブル前後送りハンドル

21.自動送り入・切レバー

22.アーム前進・後退スイッチ

23.アームクランプON/OFF

24.1ストローク送り量調整板

25.給油ポンプ

26.レベル用ボルト

27.リミットランプ

28.寸動・連動切替スイッチ

操作手順

1).起動スイッチON

ワーククランプアーム前進、アームクランプ、クーラントポンプ

2).送りレバー(手動)

3).切削終了

image010

※TK-150-DX本体オプション(後付け不可)

→ワーク自動クランプ

・・・TK-150-SC用自動クランプが装着できます。

 

TK−150A−DX−R

DX+「テーブル自動戻り装置」で完全自動化!

特長

■送りレバーの「入・切」

→自動化(ロータリーアクチュエーター)

■テーブル前後送りハンドル操作による「テーブル戻し」

→自動化(スピードコントロールモーター)

■加工物の着脱(標準ワーククランプ又はオプション自動クランプ)

だけの完全自動運転が可能となりました。

image013

 

TK−150A−SCNEW

"簡単操作"

データをインプットするだけ

テーブル送りはサーボモーター

主軸変速はインバーター

P1010013-3.JPG

P1010023-2.JPG

操作パネル

特長

■コンピュータ機能の装備により、データをインプットするだけで指定寸法迄切削。

■多種、少量の加工でも段取り、操作が簡単で経験不要。

■1ストロ―ク毎にテーブルがスタート原点に戻り、加工物からカッターが完全に離れ、刃の磨耗が少なく、切削性が良い。

■切り込み量・主軸変速は自在、ステンレス等の難削材料も加工が容易です。

■カッター取付けはピンを締め込むだけ、カッターを換えてもテーブルに対し直角調整不要。

■制御はシーケンサーにより、全自動化、口―ダや口ボットとのインターフェイスも可能。

・・・20132月 TK-150A-SCは上記写真の様にマイナーチェンジ致しました。(リンク先からはブラウザの「戻る」で!)

  「操作盤のタッチパネル化」により、加工した際のデータ一切に品名をつけてナンバー管理保存(80個)可能

になりました。又「制御盤の小型一体化」で工場内での移設なども容易になりました。

更に絶対値検出型サーボモーター採用により、原点復帰も不要になり、前日の続きなら電源投入即加工可能。

新規加工でも加工データNo読出しての加工でも原点復帰動作は不要になりました。(下記操作手順参照)

操作手順

1.      加工データNoを決め、品名・加工物穴径・キー溝巾・

カッター高さ・キー溝深さ・1ストローク送り量・

0カット回数・スタート位置入力。

(または加工データNo読出)

2.      内接位置移動キーを押す。

又はカッター高さ0入力時は内接位置へテーブル移動させる。

3.      現在位置0セットキーを押す。

4.      スタート位置キーを押す。

5.      自動ONスイッチを押す。

image020

テーブルアクション

全自動サイクル

・・・ワーククランプ→アーム前進→アームクランプ→主軸上下→クーラントポンプON→テーブル送り→

切削終了→主軸停止(下死点)→クーラントポンプOFF→アーム後退→ワークアンクランプ

 

主な仕様

(←は「左欄に同じ」)

機種名(TK-150-

単位

DX

DX-

SCNEW

加工キー巾

o

320

ピストンストローク

o

150

最大切削長さ

o

135

130

テーブル面の大きさ

o

560×570

前後テーブルストローク

o

60

左右テーブルストローク

o

±25

加工物最小内径

o

8φ

アーバー背〜

コラム迄のフトコロ寸法

o

345

テーブル中心穴径

o

180φ

貫通穴径150φ

切込量(1ストローク)

o

0.03,0.06,0.09

0.12,0.15,0.18

0.010.30

テーブル戻り

o

0.4max

0.15min

1ストローク毎に

スタート位置

回転数

RPM

22/27

インバーター設定

高速35

中速30

低速20

PV(任意)※

主モーター ※3相200V

Kw

1.5

クーラントポンプ

60

ACサーボモーター

750

テーブル戻りモーター

40

オイルポンプ

手動

自動

エアーシリンダー(アーム前後)

o

32φ×200st

〃   (アームクランプ)

o

50φ×40st

〃   (ワーククランプ)

o

50φ×100st

(オプション)

50φ×100st

〃   (送り入・切)

o

30φ×90°

床面〜テーブル面高さ

o

1000

床面〜表示灯上部高さ

o

1800

所要床面積(制御ボックス迄)

o

550×850

550×900

550×1000

本機重量

Kg

800

850

SCNEW〉仕様欄内の※は20132月製造分より変更・追加の項目(制御BOXの行は一体化によりなくなりました)

※予告なく仕様を変更することがあります。ご容赦下さい。

最初に戻る

お問い合わせ

image023